天涯孤独。
過酷な運命の下に生きる少女、西島香織・15歳。
中学校を卒業してすぐ働き始めた女の子。
勝気な香織は意地悪なおじさん達のセクハラにも
めげず、信念と意地で世の中を生きていく。



そんな香織に降りかかった疑惑。
紛失した金塊は、実に4000万円近く。

「…わかりましたっ……服、脱ぎますから、調べてください。
…これ以上、ご迷惑おかけ出来ませんしっ…」

覚悟のストリップ。
自分のミスが招いた結果。
潔白を証明するため、香織は服を脱ぎ捨てる。


「恥ずかしいよっ?そりゃ。あたしだって女の子だからっ…。
でもね、恥ずかしいけどっ…プライドは失ってないっ…。」


「…自分のしたことの責任ぐらい自分で取れないなんて、
社会人としてそのほうが恥ずかしいことだよっ。あたしは今、
それを果たそうとしてあたしなりに努力してるっ…。」

同じ教室で過ごした同級生と、裸の再会。
誇り高き少女は、恥じらいながらも弱い自分を見せたくない。
社会人としての責任。
それを主張することで、今の自分の姿になお、誇りを持とう
としている…。


香織の無垢な裸身に及ぶ、紛失物の捜索。
歯を食い縛って耐える、勝気な少女…。
いつ終わるとも知れぬ屈辱の時間に、プライドを捨てずに
生きる15歳の物語。


金塊の値段 〜裸の労働少女〜
でじたる書房より発売中!
 
↓販売ページ↓



TOP 動画 アダルト動画 ライブチャット